成安造形大学 卒業制作展 2018
SEIAN CINEMA 2018 映像上映会作品
京都シネマにて2月3日(土)から2月09日(金)まで成安造形大学 卒業制作展2018・SEIAN CINEMA 2018が開催されます。
この上映会で発表されるアニメーション・CGコース、映像・放送コースの作品をご紹介いたします。

 

■アニメーション・CGコース

 

作者名:井上 満

タイトル:スペースバスターズ —変身—

作品時間:3分12秒

ジャンル:アニメーション

作品解説:「脅威の変身」

スペースバスターズの活躍で宇宙侵略の野望が滞るスペース星人達。

逆転の計画は敵を味方にすることだった!

 

 

作者名:大西 慈

タイトル:ポルタメント

作品時間:3分30秒

ジャンル:アニメーション

作品解説:相対する2人の演奏者が奏でる、多彩な色とひとつの調べ

クラシック音楽を基にした、時に合わせて流れ、時に弾ける色の動きを楽しんでいただければ幸いです

 

 

作者名:小中 成美

タイトル:フィギュアスケート

作品時間:1分17秒

ジャンル:アニメーション

作品解説:ARスポーツ

リオオリンピック閉会式でARが使われているのを見て、今後は競技中にも演出の一つとしてARが登場するのでは?

という考えから制作しました。

 

 

作者名:榊原 大貴

タイトル:Last Girl

作品時間:2分37秒

ジャンル:アニメーション

作品解説:今日こそ覗いてみせる あの子のスカートを

卒業式を前日に控え、男の子はこれまでの日課を終わらせる決意をするが…

 

 

作者名:仲里 佳祐

タイトル:Reversible HEART

作品時間:7分43秒

ジャンル:アニメーション

作品解説:復す心 仙果の如く

屍鬼の刃に 惹かれ彷徨う その心 再び返り 巣立つ時まで

※この作品は動画を公開していません。

 

 

作者名:早川 文

タイトル:ときめくスズメ

作品時間:3分20秒

ジャンル:アニメーション

概要:真面目で優しくておちゃめでポジティブ!!

世間一般的にいう理想の性格を持ったスズメです。共感できないものから滲みでる可愛らしさがあると思います。

 

 

■映像・放送コース

 

作者名:近藤 颯人

タイトル:Muybridge?

作品時間:3分31秒

ジャンル:実験映像

作品解説:「始まりの前には疑問があった」

自分の映画観を、マイブリッジの連続写真を用いて表現しました。 それまで視覚化されることのなかったものたちが、

一斉にスクリーンという初舞台へと向かいます。

 

 

 

作者名:刀禰 朋子

タイトル:モノノケノケモノ

作品時間:8分30秒

ジャンル:アニメーション

作品解説:嫌われ者の心優しいモノノケの物語

どんな動物の仲間にもなれず、ひとりぼっちのモノノケのノケ。

仲間を作ろうと頑張るノケだが、動物たちは彼をノケモノにする。ある日森で事件が起こる。

 

 

 

作者名:森田 蒔子

タイトル:愛の冒険

作品時間:9分

ジャンル:アニメーション

作品解説:あなたのもとへと行きたい

命を持った、小さな人形・ロジー。ある日、彼は窓の外を歩く女性に恋をした。どうにかして彼女のもとへと行きたい、

そんなロジーの小さな小さな大冒険。

 

 

作者名:松田淳生

タイトル:五感の質屋

作品時間:38分44秒

ジャンル:ドラマ

作品解説:あなたはどの感覚を質入れしますか?

娘の余命が一ヶ月と宣告された太一。途方に暮れていると「五感の質屋」という質屋を見つける。そこは感覚一つの質入れにつき望む者の寿命を五年延ばせる質屋らしい。

※この作品は動画を公開していません。

 

 

_______________________________________

映像上映会 「SEIAN CINEMA 2018」 会場情報

場所:京都シネマ  京都市下京区烏丸通四条下る西側 COCON KARASUMA 3F
期間:2月3日 [土] — 2月9日 [金]
19:10開場 19:20開演
21:20終演 入場無料

_______________________________________